> > タリーズコーヒー、全店舗でバイオマスプラ25%配合のストローを導入

タリーズコーヒー、全店舗でバイオマスプラ25%配合のストローを導入

タリーズコーヒージャパン(東京都新宿区)は、プラスチックとCO2削減に向けて、店舗で提供しているストローを、プラスチック製から、サトウキビなどを原料としたバイオマスプラスチック25%配合のストローに切り替えると発表した。

7月に関東の一部店舗で試験導入を行い、10月からタリーズコーヒー全店での導入を予定している。また、10月の全店導入時には現行のストロー(21センチメートル)よりも長さを3センチメートル短くし、プラスチック使用量の削減に取り組む。

(※全文:876文字 画像:あり 参考リンク:なし)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.