> > 北海道で過疎地交通プロジェクトの実証実験を実施へ EV・仮想通貨を活用

北海道で過疎地交通プロジェクトの実証実験を実施へ EV・仮想通貨を活用

TIS(東京都新宿区)は7月17日、北海道檜山郡厚沢部町で実施する、過疎地域における次世代交通の構築、エネルギー問題解決を目指す実証実験(8月19日~30日)についての概要を発表した。

この実証実験は、「ISOU PROJECT」の一環として行われる。このプロジェクトは、自治体が地域住民とともに持続可能な社会を実現のために、自立・自走できる交通インフラ、地域電力(新電力)、エコ社会の構築を支援することを目的とし、電気自動車(EV)・再生エネルギー・ブロックチェーンなどの最新技術・プラットフォームを提供するもの。今回、実施地区として、北海道檜山郡厚沢部地区が選ばれた。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 81 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.