> > 四国電力の風力発電、まもなく無制限・無補償での出力制御の対象に

四国電力の風力発電、まもなく無制限・無補償での出力制御の対象に

四国電力における風力発電設備の出力制御の取扱い

四国電力(香川県高松市)は7月31日、風力発電設備の電力系統への接続に関して、年間720時間までの出力制御枠が適用される接続可能量「30日等出力制御枠」に到達する可能性があることから、経済産業大臣より、指定電気事業者に指定されたと発表した。

これにより、同日以降、固定価格買取制度(FIT制度)の特例として出力制御の対象外としていた出力20kW未満の風力発電について、接続契約申込みを希望する場合は、20kW以上の風力発電と同様、出力制御の対象となる。

また、今後、30日等出力制御枠を超えた場合、風力発電の接続契約申込みを希望する事業者は、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 65 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.