> > 丸紅グループ、卒FIT電気を地域特産品で還元するサービス開始 11月から

丸紅グループ、卒FIT電気を地域特産品で還元するサービス開始 11月から

丸紅ソーラートレーディング(東京都中央区)とトラストバンク(東京都目黒区)は8月19日、固定価格買取制度(FIT)の適用が終了(卒FIT)する太陽光発電オーナー向けに余剰電力買取の対価として、地域の特産品を選んで受け取ることができるサービスを開始すると発表した。

対象は全国(一部離島を除く)でサービスは11月に開始する。両社は、このサービスの提供で業務提携することで合意した。今後、9月下旬に両社公式ウェブサイト内に専用ページを開設し、受け取り可能な特産品の案内と申込受付を開始する予定。

トラストバンクは、日本最大級のふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を運営し、全国1,500を超える自治体と提携している。このサービスを通じて、これらの自治体と、卒FITする太陽光発電オーナーとの間につながりや交流のきっかけを作ることにより、再生可能エネルギーを通じた地域経済活性化を応援したい考え。

卒FIT向け買取サービスでシャープとも協業

※ 全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.