> > ソニー、メガソーラー余剰電力を自己託送 東電グループと連携

ソニー、メガソーラー余剰電力を自己託送 東電グループと連携

自己託送イメージ図

ソニー(東京都港区)は2020年2月をめどに、メガワット級の太陽光発電設備で発電した電力のうち余剰電力を、別の場所にある工場へ供給(自己託送)し、ソニーグループとして発電したすべての電力を自家消費する取り組みを開始する。

ソニーと東京電力エナジーパートナー(東電EP/東京都港区)、東電EPの100%子会社である日本ファシリティ・ソリューション(JFS/東京都品川区)の3社が連携して取り組む。メガソーラーを活用した自己託送エネルギーサービスの実現は、国内初となる。このサービスの導入により、年間約1,000tのCO2削減を見込んでいる。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 72 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.