> > 電力取引効率化へ、データ交換用情報モデルの国際標準が開発スタート

電力取引効率化へ、データ交換用情報モデルの国際標準が開発スタート

再生可能エネルギーの供給量が世界的に増加する中、電力取引を行う際のデータ交換用情報モデルについて国際標準の開発が始まる。経済産業省は8月23日、日本と欧州が共同で国際電気標準会議(IEC)にデータ交換用情報モデルの新業務項目提案(NP)を行い、承認されたことを発表した。

将来的にデータ交換用情報モデルが使われることで、電力取引を行う事業者間でのシステム等の接続がスムーズになるため、欧州をはじめとする海外で、電力取引関連ビジネスへの日本の事業者の参入が容易になることが期待される。

日本の意見を反映できる議論を

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 51 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.