> > 国内初、竹によるORC熱電併給設備を組み合わせたバイオマスプラントが完成

国内初、竹によるORC熱電併給設備を組み合わせたバイオマスプラントが完成

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)とバンブーエナジー(熊本県玉名郡)は8月29日、熊本県南関町のバンブーグループ敷地内に、国内初の竹によるORC熱電併給設備を組み合わせたバイオマスプラントを完成させたと発表した。2019年10月から本格的に実証運転を開始、2023年頃の事業化を目指す。

23023-1

竹林の荒廃が進み各地域で課題となっている竹と、未利用資源として有効活用が課題となっているバーク(樹皮)を原料に熱と電気を作り出し、隣接する竹材の製品加工工場で最大限活用する。未利用エネルギーの有効活用と地域課題の解決を両立し、地域経済循環を活性化させるエネルギーシステムの構築を実現させる取り組みだ。

※ 全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.