> > 三菱重工、再エネ活用のハイブリッド自立給電システムをアフリカで拡販

三菱重工、再エネ活用のハイブリッド自立給電システムをアフリカで拡販

三菱重工グループの三菱重工エンジン&ターボチャージャ(MHIET/神奈川県相模原市)は8月29日、再生可能エネルギー発電とエンジン発電、蓄電池を組み合わせた『トリプルハイブリッド』自立給電システム「EBLOX(イブロックス)」のアフリカでの拡販に向けて、トルコの総合エネルギー・インフラ事業会社と協業すると発表した。

同社は、トルコ有数の財閥チャルックホールディング傘下の総合エネルギー・インフラ事業会社、チャルックエナジーとの覚書(MOU)に調印。電力供給網の整備が遅れているアフリカ地域を中心に、同地域市場に強いチャルックエナジー社の支援を得て、自然界から安定的に電力を得られるEBLOXを分散型電源として普及させていく。

※ 全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.