> > シン・エナジー、京大旧実験圃場に1MWの太陽光発電設置へ 災害用電源にも

シン・エナジー、京大旧実験圃場に1MWの太陽光発電設置へ 災害用電源にも

京都大学の旧実験圃場に太陽光発電設備を設置し、売電を行うとともに、電力の一部を災害時の非常用電源として利用する取り組みの事業者に、シン・エナジー(兵庫県神戸市)が採択された。2020年初頭から春頃の連携開始を目指し建設を進める。

「京都大学(長浜団地)再生可能エネルギー施設設置運営事業」として、京都大学が公募型プロポーザル方式で提案を募集した。事業期間は契約締結日から20年間、発電出力は1MW。

コンセントやWi-fi機能を備える「スマートライト」設置

※ 全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.