睦沢町の新電力、台風の影響で町内全域停電中に防災拠点へ電力供給

  • 印刷
  • 共有
周辺店舗や住戸が停電する中、明るく輝く道の駅(左)と住宅(右)
周辺店舗や住戸が停電する中、明るく輝く道の駅(左)と住宅(右)

千葉県長生郡睦沢町と地元企業が設立した新電力、CHIBAむつざわエナジー(睦沢町)は9月13日、台風15号の影響で9月9日から町内や周辺市町村が停電した際、「むつざわスマートウェルネスタウン」に位置する「道の駅むつざわ つどいの郷」や周辺の町営住宅団地に、電力を供給したと発表した。

「むつざわスマートウェルネスタウン」は、睦沢町が、地方版総合戦略の重点プロジェクトに位置付けた拠点形成事業で整備した。CHIBAむつざわエナジーは9月1日に、同町で生産された天然ガスの供給を受けて、ガス発電による同タウンへの地産地消のエネルギー供給事業を開始していた。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報