> > 睦沢町の新電力、台風の影響で町内全域停電中に防災拠点へ電力供給

睦沢町の新電力、台風の影響で町内全域停電中に防災拠点へ電力供給

周辺店舗や住戸が停電する中、明るく輝く道の駅(左)と住宅(右)

千葉県長生郡睦沢町と地元企業が設立した新電力、CHIBAむつざわエナジー(睦沢町)は9月13日、台風15号の影響で9月9日から町内や周辺市町村が停電した際、「むつざわスマートウェルネスタウン」に位置する「道の駅むつざわ つどいの郷」や周辺の町営住宅団地に、電力を供給したと発表した。

「むつざわスマートウェルネスタウン」は、睦沢町が、地方版総合戦略の重点プロジェクトに位置付けた拠点形成事業で整備した。CHIBAむつざわエナジーは9月1日に、同町で生産された天然ガスの供給を受けて、ガス発電による同タウンへの地産地消のエネルギー供給事業を開始していた。

それから間もない9月9日午前3時頃、台風15号による強風で東京電力の送配電線が損傷し、睦沢町全域を含む千葉県広域で大規模な停電が発生した。同タウンも一時的に停電したものの、自営線(電線)の地中化を行っていたためほとんど被害がないことを確認。同社は9月9日午前9時頃にガスエンジン発電機を立ち上げ、町営住宅と道の駅の重要設備への送電を開始した。

※ 全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.