> > 約8割が停電時に自立運転機能を活用 台風15号の千葉で 太陽光発電協会

約8割が停電時に自立運転機能を活用 台風15号の千葉で 太陽光発電協会

太陽光発電協会(JPEA)は10月17日、千葉県に大規模な被害をもたらした台風15号の災害時における太陽光発電の自立運転についての実態調査を実施し、その結果を公表した。調査によると、住宅用太陽光発電システムを設置している家庭は、蓄電池を併設しないケースでも約80%が自立運転機能を利用し、停電時に有効活用したことがわかった。

同調査は、台風15号によって発生した大規模停電に際し、「太陽光発電の自立運転機能」の活用について、9月20日~10月10日にかけてヒアリング調査を実施したもの。調査対象は、停電の規模が大きかった千葉県で同協会の会員企業を通じて太陽光発電設備を設置している顧客。

24件で「自立運転機能を知らなかった」 「分からなかった」は60件

調査結果は、下記の通り。

※ 全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.