> > 三菱地所ホーム、ZEH住宅普及へ新築住宅向け太陽光発電無償提供サービス

三菱地所ホーム、ZEH住宅普及へ新築住宅向け太陽光発電無償提供サービス

三菱地所ホーム(東京都港区赤坂)は10月17日から、「ずっともっとソーラー for エアロテック」の申し込み受付を開始した。ZEH住宅の普及促進などを目的に、同社とサービス提供会社である東京ガス(東京都港区)が共同で太陽光発電システムを無償で提供し、当該顧客は三菱地所ホームを介して東京ガスと10年間の契約を締結するもの。

無償で設置される太陽光発電は、2.0kWを超えて10.0kW未満の部分で、計画建物における太陽光パネルの最大搭載容量となる。太陽光発電システム2.0kWまでは顧客負担およそ60万円(1kWあたり30万円)で設置する。

発電した電気は家庭で使用でき、10年間の契約期間中は余剰電気を電力会社に売電。売電で得た収入分をサービス提供会社(東京ガス)に譲渡する。契約期間終了後は、発電したすべての電気(自家消費分と売電分)を家庭で使用できる。

同サービスの契約申し込みは、2019年10月17日以降新規に契約した物件より開始。三菱地所ホームの新築戸建注文住宅(賃貸併用住宅を含む)を対象に提供される。対象エリアは、三菱地所ホーム施工エリア(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、大阪府、京都府、兵庫県、奈良県など)。ガス併用住宅、オール電化住宅いずれにも対応可能だ。

ZEH住宅の普及で地球環境へ貢献

※ 全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.