> > 15年度認定の事業用太陽光発電、未稼働案件の手続と期限発表 資源エネ庁

15年度認定の事業用太陽光発電、未稼働案件の手続と期限発表 資源エネ庁

クリックで拡大する
年度別FIT認定案件の稼働状況
(「既認定案件による国民負担の抑制に向けた対応」2018年10月 資料より)

資源エネルギー庁は11月5日、固定価格買取制度(FIT制度)における事業用太陽光発電の未稼働案件のうち、2015年度認定分について、系統連系工事着工申込書の提出期限や新たな対応を発表した。

また、2012年度~2014年度認定の未稼働太陽光案件のうち、着工申込書未受領分への対応も公表された。

系統連系工事着工申込書の提出期限

今回系統連系工事着工申込書の期限がは発表されたのは、以下のもの。

  1. 2015年度にFIT 認定を受けた事業用太陽光発電のうち、運転開始期限が設定されていない未稼働案件
  2. 2012年度~2014年度認定の未稼働太陽光案件で、系統連系工事着工申込書の未受領のものが、21円/kWhの調達価格の適用を受ける場合

提出期限は、1、2とも、以下の通り。

  • FIT認定出力2MW未満:2020年1月31日(金)
  • FIT認定出力2MW以上:2020年2月28日(金)
023428-3
023428-5

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.