> > エプソン×北九州市 紙の再生を体験できるイベント開催

エプソン×北九州市 紙の再生を体験できるイベント開催

PaperLabの説明を受ける参加者

セイコーエプソン(長野県諏訪市)とエプソン販売(東京都新宿区)は、福岡県北九州市の環境学習・体験施設「北九州環境ミュージアム」で開催中の紙から環境について考える秋の特別企画展「イノベーションで拓く持続可能な未来」に参画している。乾式オフィス製紙機PaperLabを活用した、紙再生実験実演やワークショップなどを開催。11月7日には「北九州SDGsフォーラム ~小さな紙の再生工場によるSDGsへの挑戦~」イベントと講演会も開催。PaperLabを活用した先進的取り組みの紹介や、開発秘話などが紹介された。なお、企画展は、12月22日まで開催されている。

023444-2

PaperLab の実機も展示

北九州市は、第1回ジャパンSDGsアワード特別賞受賞や、2018年には「SDGs未来都市」と「自治体SDGsモデル事業」に選定されるなど、SDGsに関する先進的な取り組みを行っている。今回の企画展は、SDGs未来都市の実現に向けた新たな取り組みのひとつで、SDGsをテーマとしさまざまな体験ができる展示をシリーズで開催していくもの。第一弾として、PaperLabを紹介、紙のいのちの再生や再利用に関する企画展示が体験できる。

持参した使用済みの紙のリサイクル体験もできる

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.