> > 事業用太陽光の入札対象範囲、「100kW以上」に拡大か 風力も入札移行へ

事業用太陽光の入札対象範囲、「100kW以上」に拡大か 風力も入札移行へ

画像はイメージです(© kennytong / amanaimages PLUS)

事業用太陽光発電の2020年度の入札対象範囲が「100kW以上」まで拡大される案が示された。経済産業省が11月5日に開催した第49回調達価格等算定員会で公表した。

事務局によると、100kW以上の事業用太陽光発電は、コスト動向分析結果で規模帯によるコスト差が小さいことが明らかになっている。容量ベースでみるとFIT認定量・導入量の6~7割を占める規模だ。事業用太陽光発電の入札制度では、2019年度から対象範囲を従来の「2000kW」から「500kW」にまで拡大したことで、コスト低減効果が確認されている。この対象をさらに拡大することで、より一層の競争性確保をねらう。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.