> > 住友商事、電動バス事業に参入 台湾の電動バスメーカーに出資

住友商事、電動バス事業に参入 台湾の電動バスメーカーに出資

RAC社製の電動バス

住友商事(東京都千代田区)は11月12日、政府が施策としてバスの電動化を推進する台湾において、台湾最大手の電動バスメーカーであるRAC Electric Vehicles(RAC社)に出資することで、同社と合意したと発表した。

台湾政府は、2030年までに路線バス約1万台・高速バス約5,000台をすべて電動バスに切り替える計画を発表している。RAC社は、電動バスに特化した開発・製造・販売を手がけ、台湾企業として、電動バスに係る台湾政府認証を唯一取得している。RAC社のウェブサイトによると、これは、6項目におよぶ性能の検証や200,000kmの耐久試験により取得したものだ。また、近年、同社は国内電動バス市場の50%以上を占めているという。

RAC社製のバスは、電費性能(電気自動車が電力をどれぐらい効率良く利用して走行するかを示す指標)や登坂性能などに優れている。また、バッテリーの稼働状況を遠隔でモニター・操作できるなどの利点を備える。RAC社は、そうした利点を生かして、電動バス関わる新たなサービスの開発にも取り組んでいく計画だ。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.