> > パナソニック、自社拠点に水素ステーション 燃料電池フォークリフト運用開始

パナソニック、自社拠点に水素ステーション 燃料電池フォークリフト運用開始

H2 Kusatsu Farmの外観

パナソニック(大阪府門真市)は11月18日、水素の実用性検証に向け、滋賀県草津市にあるパナソニック アプライアンス社草津拠点構内に水素ステーション「H2 Kusatsu Farm」を建設、同水素ステーションから水素補給した燃料電池フォークリフトの構内運用開始を発表した。

同水素ステーションは、太陽光発電による電力で水を電気分解して水素を製造する水電解水素製造装置と、家庭用燃料電池「エネファーム」で培った技術を生かして開発を進めているガス改質による小型水素製造装置の2つの方式を採用。これにより、天候に左右されない安定的な水素供給が可能だ。

水素供給方式は、オンサイト方式(水素ステーション内で水素を製造し、圧縮、蓄圧、充填する)。充填圧力は35MPa、設置面積は10平方メートル。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 67 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.