> > 世界的ロックバンドU2、来日公演で再エネ由来の水素電気を電源として活用

世界的ロックバンドU2、来日公演で再エネ由来の水素電気を電源として活用

出典:U2(@U2)_Twitter

12月4日・5日にさいたまスーパーアリーナ(埼玉県さいたま市)で開催されたロックバンドU2の来日公演「ヨシュア・トゥリー・ツアー2019」において、再生可能エネルギー由来の水素電気が演奏の電源として供給された。

この取り組みは、トヨタ自動車(愛知県豊田市)、本田技研工業(東京都港区)、EY Japan(東京都千代田区)、ルール形成戦略研究所(東京都港区/CRS)、長州産業(山口県山陽小野田市)、ユニファイド・サービス(東京都港区)が共同で行ったもの。

具体的には、長野県が運用する水素ステーション(長州産業製SHiPS)と、福島復興事業の一環として取り組まれている「ふくしまハイドロサプライ」より、再エネから生成された水素を燃料電池車へ充填。コンサート会場では、燃料電池車から外部給電器を介して取り出したCO2フリーの高品質な電気がU2メンバーの楽器・アンプなどの機材に供給された。

水素技術を活用したコンサートが世界に広がることを期待

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 63 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.