> > 武蔵野市とNEC、ごみ発電に蓄電池を分散設置 地産地消・災害に強い街へ

武蔵野市とNEC、ごみ発電に蓄電池を分散設置 地産地消・災害に強い街へ

NECグループのNECネッツエスアイ(東京都文京区)は、東京都武蔵野市の「エネルギー地産地消プロジェクト」において、蓄電システムと総合エネルギーマネジメントを構築する業務を受注した。

このプロジェクトは、ごみ処理施設「武蔵野クリーンセンター」のごみ発電を核に周辺の公共施設・学校と連携し地域全体でエネルギーを融通するものだ。これにより、年間約1,000tのCO2削減を見込む。

今回、NECネッツエスアイは、NEC(東京都港区)とともに、武蔵野クリーンセンター周辺に蓄電システムを構築することで、蓄電により、発電した電力の利用拡大を進める。併せて、武蔵野クリーンセンター内に蓄電池を制御する地域エネルギー管理システム「CEMS」と、エネルギー消費量が多い総合体育館にビルエネルギー管理システム「BEMS」を構築し、発電量の最適化や周辺施設の省エネを図る。

中型蓄電システム4台を分散設置

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.