> > 東急不動産、松前町と風力発電事業と地域活性化に関する協定締結

東急不動産、松前町と風力発電事業と地域活性化に関する協定締結

リエネ松前風力発電所の風車

東急不動産(東京都渋谷区)は12月19日、北海道松前郡松前町と、同町における風力発電事業の推進と地域活性化および防災基盤の整備に向け、協業に係る協定書を締結したと発表した。

同社は2019年4月、同町において一般家庭約30,000世帯分の年間消費電力を供給する北海道初の蓄電池併設型風力発電所「リエネ松前風力発電所」の運転を開始。今後は風力発電事業を活かした地域活性化および防災基盤の整備と、更なる風力発電事業の推進に向けて、同町との連携を強化していくとしている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 56 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.