> > 積水化学、卒FIT電力を生産工場に供給へ 買い取り申込み13,000件超

積水化学、卒FIT電力を生産工場に供給へ 買い取り申込み13,000件超

積水化学工業(大阪府大阪市)は1月8日、自社住宅ブランド「セキスイハイム」に住む顧客などから太陽光発電(PV)の余剰電力を買い取り、顧客や同社グループ各社に販売する、電力の売買サービス「スマートハイムでんき」の申し込みが13,000件を突破したと発表した。

2020年3月までに固定価格買取制度(FIT制度)による買取期間が満了する(卒FIT)顧客を対象としたもの。また、2020年度に卒FITを迎える顧客を対象とした余剰電力買取サービスの申し込み受付を2020年2月上旬から開始する。余剰電力の買取価格は2019年度と同じく、PVと蓄電池を搭載している顧客は12円/kWh、PVのみ設置している顧客は9円/kWhとなる。

顧客から買い取った電力は、2020年3月より同グループ会社の生産工場へ供給を予定している。これにより再生可能エネルギーによるセキスイハイムの生産が可能となる見込み。2021年度中をめどに、同社のすべての住宅生産工場と同社研究開発部門への供給を開始する。

申込みの25%が買取価格12円/kW

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.