東京ガス、燃料電池バス対応の水素ステーションを開設 江東区豊洲

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

東京ガス(東京都港区)は1月16日、日本水素ステーションネットワーク合同会社(東京都千代田区)と共同で建設した「東京ガス豊洲水素ステーション」の開所式を行った。

同施設は、燃料電池バスの大規模受入が可能なオンサイト方式の水素ステーション。同社によると、「カーボンニュートラル都市ガス」を原料として水素を製造できるステーションは日本で初めて。なお、同社が運営する水素ステーションは、練馬、浦和、千住に続き今回が4箇所目となる。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報