> > JXTGエネルギー、卒FIT太陽光をTマネーで買い取り 新サービス開始

JXTGエネルギー、卒FIT太陽光をTマネーで買い取り 新サービス開始

画像はイメージです(© paylessimages / amanaimages PLUS)

JXTGエネルギー(東京都中央区)は1月21日、固定価格買取制度に基づく買取期間が満了を迎える住宅用太陽光発電設備(卒FIT太陽光)の余剰電力を、電子マネーである「Tマネー」で買い取る新サービスを始めると発表した。同日より申込みの受付を開始した。

同社は、再生可能エネルギーの有効活用を目的に、卒FIT太陽光の余剰電力を買い取る「ENEOS太陽光買取サービス」を2019年11月より開始している。FIT太陽光の買い取りにあたり、近年のキャッシュレス機運の高まりの中、顧客の利便性を高めるため、現金に加えTマネーでの買取を実施する。

現金払いと同じ買取料金で設定

ENEOS太陽光買取サービスで、Tマネーを選択した顧客には、買取金額を、TカードにTマネーで支払う。支払ったTマネーは、提携する全国約22,000店舗で利用できる。

対象エリアは全国(沖縄、離島を除く)。買取価格(税込)は現金払いと同じで、北海道・東北・東京電力エリアは11円/kWh、中部・北陸・関西・中国・四国電力エリアは10円/kWh、九州電力エリアは8円/kWh。単価適用期間は、2021年3月分まで。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.