> > 三菱自、港区と都内初の災害時協力協定を締結 電源確保に電動車を活用

三菱自、港区と都内初の災害時協力協定を締結 電源確保に電動車を活用

(前列左から)港三菱自動車販売社長の中島高虎氏、港区の武井雅昭区長、三菱自動車工業CEOの加藤隆雄氏

三菱自動車(東京都港区)は1月21日、東京都港区と港三菱自動車販売(東京都港区)との間で「災害時協力協定」を締結した。

同社は災害発生時に、同社製の電動車を速やかに自治体に貸し出せる体制づくりを進める「DENDOコミュニティサポートプログラム」を推進している。これまで静岡県や青森県、高知県、岡山県・倉敷市・総社市などと協定を締結しており、港区は全国で18例目、都内では初となる。

同社は2022年度までに、全国の自治体と災害時協力協定を締結することを目指している。自然災害に備える意識が高まる中、全国の自治体と連携しながら、電動車の理解促進・普及や災害時の支援体制強化に向けた取り組みを推進していく。

帰宅困難者を含め多くの被災者が想定される港区

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.