> > アウディ、ダボス会議にCO2ニュートラルな送迎車両を提供

アウディ、ダボス会議にCO2ニュートラルな送迎車両を提供

アウディは1月21日、世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議/スイス・ダボス)に、90%を電動化モデルで構成した送迎車両や、Audi e-tronの使用済みバッテリーで作られた移動式充電コンテナなどを提供したと発表した。

送迎車両は充電コンテナを使用して、グリーン電力のみで充電できる。約100台の電動化されたアウディモデルを使用することで、実質的にCO2ニュートラルな送迎車両の運用が可能となった。電気自動車(EV)のAudi e-tronに加えて、フラッグシップモデルAudi A8のプラグインハイブリッド(PHEV)モデルも採用された。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.