> > 大林組、インドネシアの太陽光型植物工場で大規模水耕栽培 実証実験を開始

大林組、インドネシアの太陽光型植物工場で大規模水耕栽培 実証実験を開始

大林組(東京都港区)は1月24日、インドネシアビンタン島で、太陽光型植物工場による大規模水耕栽培の実証実験を開始すると発表した。

インドネシアのPT. Persada Hijau Cemerlang(ペルサダ ヒジャウ チュムルラン)と共同実証研究契約を締結し、熱帯気候に適応した太陽光型植物工場によるミニトマトと葉物野菜の大規模栽培の実現、流通販売網の確立を目指す。

2020年10月の完成をめどに、インドネシアビンタン島で1ヘクタール規模の実証実験施設の建設を進める。2021年1月からシンガポールとインドネシアを中心とした東南アジア圏での販売を開始する予定。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.