> > 自然エネ財団ら、大手企業の意見を反映 国と電力会社に再エネ利用拡大を提言

自然エネ財団ら、大手企業の意見を反映 国と電力会社に再エネ利用拡大を提言

画像はイメージです(© ooura / amanaimages PLUS)

自然エネルギー財団、CDP Worldwide-Japan(CDP Japan)、世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)は1月31日、気候変動の抑制に向けて、自然エネルギーの利用拡大を推進する企業20社の意見をもとに、政府と電気事業者に対する提言をまとめた。

今回、両者がまとめた戦略には、2030年までに国全体の発電電力量の44%以上を自然エネルギーで賄うことや、2030年までに自然エネルギーの発電コストを化石燃料の発電コストよりも低減させることなどが掲げられている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.