国内初、商業ベースの「大型洋上風力発電」が22年に稼働へ 合計140MW

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです(© peshkov / amanaimages PLUS)
画像はイメージです(© peshkov / amanaimages PLUS)

中部電力(名古屋市東区)は2月3日、出資参画している特別目的会社「秋田洋上風力発電(AOW)」を通じ、丸紅(東京都中央区)ら12社と共同で、着床式洋上風力発電所の建設・運転・保守を行うプロジェクトの実施を決定し、融資契約を締結した。場所は秋田県の秋田港(秋田市)と能代港(能代市)。商業ベースでの大型洋上風力発電事業は日本国内初。

このプロジェクトでは、合計出力約140MWの洋上風力発電所を建設・運転・保守し、20年間にわたって再生可能エネルギーの固定価格買取制度に基づき東北電力に売電する。2020年2月中に陸上送変電部分の着工を予定しており、2022年の商業運転開始を目指す。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報