> > 凸版印刷ら、蓄電池画像診断システムを販売 故障原因を可視化し事故防止

凸版印刷ら、蓄電池画像診断システムを販売 故障原因を可視化し事故防止

(出所:凸版印刷ウェブサイト)

凸版印刷(東京都千代田区)と神戸大学発のスタートアップ企業であるIntegral Geometry Science(兵庫県神戸市/IGS)は2020年2月から、IGS社が開発した蓄電池画像診断システムの機器販売と蓄電池の受託検査サービスを開始した。

同システムは、蓄電池内部の電流密度分布状態を破壊せずに可視化できる、世界で唯一実用化されたもの。蓄電池から発生する磁場を測定し、磁場と蓄電池内電流の逆問題の解析解を用いることで、電気の流れを画像として可視化し、故障につながる可能性のある電気回路の短絡箇所を把握することができる。

電気自動車などの発達とともに蓄電池の使用頻度が今後増加することが予想される中、より大きなエネルギーを蓄えられるリチウムイオン電池の需要はさらに高まっている。一方、リチウムイオン電池は使用している材料の特性により、何らかの不具合が生じると発熱・発火の危険性があり、予防の観点から品質保証技術の改善が求められていた。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 56 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.