> > 九州経済連合会、エネルギー政策で提言 再エネ主力電源化・環境金融拡大など

九州経済連合会、エネルギー政策で提言 再エネ主力電源化・環境金融拡大など

画像はイメージです

九州経済連合会は3月3日、現状のエネルギー事情や地勢的強みを踏まえ、今後の脱炭素化に向けた効果的な産業振興方策につなげるため、「九州の未来のエネルギー」に関する提言を行った。

この中で、同連合会は、九州におけるエネルギー自給率(全国比7%高)や、CO2 排出量(同11%低)、電気料金(同8%低)などの優位性を踏まえ、再エネの主力電源化、蓄エネの社会実装、脱炭素化の面的展開、原子力の着実な運用、環境金融の啓発を戦略軸として、東アジアにおけるサステナビリティの中核的な役割を果たすべきと提言した。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 58 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.