> > いすゞ、2050年までに「温室効果ガス排出ゼロ」へ 環境長期ビジョン策定

いすゞ、2050年までに「温室効果ガス排出ゼロ」へ 環境長期ビジョン策定

いすゞ自動車(東京都品川区)は3月2日、2050年までに、いすゞグループの事業活動から直接排出される温室効果ガス(GHG)ゼロを目指すことなどを掲げた「いすゞ環境長期ビジョン2050」を策定したと発表した。

この長期ビジョンは、いすゞグループとして、2050年に向けて、長期的視野で地球環境問題に取り組むための方向性を示したものだ。

同社は目指すべき方向性について「脱炭素社会の実現に貢献する製品の開発、脱炭素な事業活動の推進、製品ライフサイクル全体での環境負荷低減を通じて、経済が発展し、安心・安全で環境負荷の少ない、豊かで持続可能な社会の実現に貢献する」こととしている。

2050年に向けた目標は、いすゞが環境における重点課題として掲げる「気候変動対策」「資源循環推進」「環境リスク予防/対策」「生物多様性保全」の4つの柱で示している。

製品のライフサイクル全体でのGHGもゼロへ

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 65 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.