> > イオンモール2店舗にPPAモデル導入 運用開始は2020年6月

イオンモール2店舗にPPAモデル導入 運用開始は2020年6月

サービスのイメージ図(出所:Looop社PR)

イオンモール(千葉県千葉市)が運営する中部エリアの2施設に、太陽光発電による自家消費サービス(PPAモデル)が導入される。運用開始は2020年6月から。

新たにPPAモデルが導入されるのは、イオンモール松本(長野県松本市)とイオンモール津南(三重県津市)の2施設。各施設は初期を負担することなく、太陽光発電によるCO2フリー電気が使用できる予定だ。なお、太陽光発電設備の設置や電力供給、保守・メンテナンスなどの運用・管理は中部電力(愛知県名古屋市)とLooop(東京都台東区)が共同で行う。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 49 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.