> > 激甚化する災害へ対応 レジリエンス強化型ZEB、「自給エリア」構築を支援

激甚化する災害へ対応 レジリエンス強化型ZEB、「自給エリア」構築を支援

激甚化する災害に対応したエネルギー自給エリア等構築支援事業 事業イメージ(出所:環境省)

環境省は3月9日、激甚化する災害に対応するため、「災害時活動拠点施設」など建物の強靭化を促進する事業と、エネルギー自給エリアの構築などを支援する事業について、執行団体を通じて募集を開始したと発表した。

事業名は「激甚化する災害に対応した災害活動拠点施設等の強靭化促進事業及びエネルギー自給エリア等構築支援事業」。そのうち、災害時に自立的にエネルギー供給可能な災害時活動拠点施設となるZEBを支援する「レジリエンス強化型ZEB支援事業」と、災害に対応したエネルギー自給エリアの構築や被災地に運搬可能なバッテリー配備を支援する「エネルギー自給エリア等構築支援事業」について今回募集する。

概要は下記の通り。

レジリエンス強化型ZEB支援事業

024461-2

事業イメージ(出所:環境省)

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 75 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.