> > 環境省グリーンファンド、福井の小水力発電に出資 4000万円の劣後債引受

環境省グリーンファンド、福井の小水力発電に出資 4000万円の劣後債引受

スキーム概要(出所:環境省)

グリーンファイナンス推進機構(東京都港区)は3月16日、地域の低炭素化プロジェクトに投資する「グリーンファンド」について、4000万円を支援した福井県坂井市の小水力発電所が完成したと発表した。

小水力発電のポテンシャルの高い福井県で民間の小水力発電を促進させるために、先例事業として立ち上げたもの。福井県の一級河川である九頭竜川の支流、榿の木谷川(はんのきだにがわ)に立地する流れ込み式の小水力発電事業で、イタリア企業のIREM社製縦軸ペルトン水車を利用する。発電出力は199kW。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.