> > 小田原市でEVカーシェアリングテスト運用開始 再エネの地産地消を推進

小田原市でEVカーシェアリングテスト運用開始 再エネの地産地消を推進

(出所:小田原市)

REXEV(神奈川県小田原市)と湘南電力(同)、小田原市の3社は3月16日、電気自動車(EV)のカーシェアリングサービスのテスト運用を開始した。また、同日、小田原市役所で加藤憲一小田原市長がこのサービスを実際に利用するセレモニーを開催した。

サービス名は「eemo(イーモ)カーシェアリングサービス」。環境省「脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏構築事業のうち脱炭素型地域交通モデル構築事業」として実施する。

このサービスは、EVを再エネで充電し「動く蓄電池」として活用することで、再エネの地産地消を通じた脱炭素交通システムを構築するとともに、地域の災害対応力強化を狙いとしている。これにより、小田原市がこれまで進めてきた再エネによる地域エネルギーマネジメントの取り組みを、官民連携でさらに推進する。

テスト運用期間は3月16日~5月31日までを予定。テスト運用は、14台のEV、新型日産リーフ(蓄電池容量40kWh モデルX)にて、6カ所のステーションで実施する予定。小田原市役所をはじめ、小田原ガス、小田原衛生グループや鈴廣蒲鉾本店など広く小田原市の法人の協力を得て、EVステーションを設置した。6月からはEVを50台まで増やしてeemo カーシェアリングの一般公開を予定している。

アプリを使ったサービスを市長が体験

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 59 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.