> > 椿本チエイン、V2X対応充放電装置をVPPリソースに活用 実証結果を報告

椿本チエイン、V2X対応充放電装置をVPPリソースに活用 実証結果を報告

椿本チエイン豊田営業所での実証実験(出所:椿本チエイン)

椿本チエイン(大阪府大阪市)は3月16日、同社のV2X対応充放電装置「新型eLINK」が採用された、豊田通商(愛知県名古屋市)と中部電力(同)による「V2Gアグリゲーター事業」の実証実験の結果について報告した。

V2Xは、Vehicle to Everythingの略。 蓄電池を持つ自動車(Vehicle)と住宅(V2H:Vehicle to Home)、ビル(V2B:Vehicle to Building)、電力網(V2G:Vehicle to Grid)などの間で電力の相互供給を行う仕組みを総称として「V2X」と呼ぶ。

同社は2013年にV2X対応充放電装置「eLINK」を発売した。「eLINK」は、電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド車(PHEV)の急速充電コネクタを通じて、EVとビルディング、工場などの電力網を双方向につなぐ装置で、停電時の非常用電源やピークカットに使うV2X機器として、公共施設を中心に採用されてきた。

2018年11月には、豊田通商、中部電力が共同展開する「V2Gアグリゲーター事業」の実証事業に、バーチャルパワープラント(VPP:仮想発電所)のリソースでの活用を踏まえ機能拡充を図った「新型 eLINK」(2019年3月に正式発売)が採用された。

続いて2019年に行われた両社の実証事業第2弾は、椿本チエイン豊田営業所と2018年の実証事業で利用した豊田市民文化会館駐車場の2カ所を実証事業所モデルとして実施した。そのポイントは下記2点。

実証実験のポイント

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 51 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.