> > シャープと丸紅、太陽光発電の余剰電力買取単価を大幅改定 業界最高値水準へ

シャープと丸紅、太陽光発電の余剰電力買取単価を大幅改定 業界最高値水準へ

サービスの概要(出所:シャープエネルギーソリューションPR)
(クリックで拡大します)

シャープの子会社であるシャープエネルギーソリューション(大阪府八尾市)は3月19日、再生可能エネルギーの調達・卸売販売を手がける丸紅ソーラートレーディング(東京都中央区)と協業して提供中の太陽光発電システムの余剰電力買取サービスの買取単価を、2020年4月の検針分より引き上げると発表した。

両社は現在、基本プラン「SHARPプラン」のほかに、同社蓄電池の新規購入者を対象に、「SHARPプラン 蓄電池プレミアム」を提供しているが、今回は両プランで買取単価が上乗せされる。

改定後の買取単価は12.5円/kWh~15.0円/kWh(蓄電池付購入プラン) 九州を除くエリアで業界最高値水準へ

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.