> > 環境省グリーンファンド、鳥取の木質バイオマス熱利用・発電に4.5億円出資

環境省グリーンファンド、鳥取の木質バイオマス熱利用・発電に4.5億円出資

スキーム概要(出所:グリーンファイナンス推進機構)

グリーンファイナンス推進機構(東京都港区)は3月25日、地域の低炭素化プロジェクトに投資する「グリーンファンド」について、鳥取県日南町で進められている、木質バイオマス熱利用事業・発電事業に、合計4.5億円の出資を決定したと発表した。

この事業は、日南町森林組合(鳥取県日南町)などの日南町の林業関係者と、再生可能エネルギー事業者のビッグ・インテック(BIG/愛知県名古屋市)、バイオマスプラントメーカーであるバイオマスエナジー(BME/長崎県諫早市)などが取り組んでいるもの。

これまで十分な活用ができなかったバーク(樹皮)などの材を燃料に用い木質チップの乾燥や発電等を行う。「コストの安い材のエネルギーへの利用可能性を広げることは、固定価格買取制度などに依存しない木質バイオマスの利用事業への道を開く端緒となりうる」(同機構)ことが期待される。また、ガス化方式による木質バイオマスプラントは、海外メーカー製のものが多くを占める中、国産(BME製)のプラントを採用する。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 71 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.