> > エネファーム導入で、太陽光発電を無償提供 東京ガスと三井ホームがコラボ

エネファーム導入で、太陽光発電を無償提供 東京ガスと三井ホームがコラボ

『未来発電G withずっともソーラー』のスキーム図(出所:東京ガスPR)

東京ガス(東京都港区)と三井ホーム(東京都新宿区)は3月27日から、東京ガスの都市ガス供給エリア内で、三井ホームの新築戸建住宅を建設し、東京ガスが販売する家庭用燃料電池「エネファーム」を導入する顧客を対象に、太陽光発電設備を無償で提供するサービスの提供を開始する。

同サービスの名称は、『未来発電G withずっともソーラー』。導入のメリットとして、顧客は太陽光発電設備が無償で導入でき、「エネファーム」と太陽光発電のダブル発電により購入電力量が軽減できる。また、両設備を併設することで非常用電源としても活用することができる。

同サービスによる発電した電気・売電収入の取扱いはつぎの通り。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 57 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.