エネファーム導入で、太陽光発電を無償提供 東京ガスと三井ホームがコラボ

  • 印刷
  • 共有
『未来発電G withずっともソーラー』のスキーム図(出所:東京ガスPR)
『未来発電G withずっともソーラー』のスキーム図(出所:東京ガスPR)

東京ガス(東京都港区)と三井ホーム(東京都新宿区)は3月27日から、東京ガスの都市ガス供給エリア内で、三井ホームの新築戸建住宅を建設し、東京ガスが販売する家庭用燃料電池「エネファーム」を導入する顧客を対象に、太陽光発電設備を無償で提供するサービスの提供を開始する。

同サービスの名称は、『未来発電G withずっともソーラー』。導入のメリットとして、顧客は太陽光発電設備が無償で導入でき、「エネファーム」と太陽光発電のダブル発電により購入電力量が軽減できる。また、両設備を併設することで非常用電源としても活用することができる。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報