> > 大東建託、SBT再認定を取得 新基準1.5℃水準を削減目標に

大東建託、SBT再認定を取得 新基準1.5℃水準を削減目標に

(出所:大東建託PR)

大東建託(東京都港区)は3月26日、科学的な知見と整合した温室効果ガスの排出削減目標を設定するよう求めるSBT(Science−based Targets)の新基準である、2度を十分に下回り1.5度への努力を追求する『1.5度水準』の削減目標を新たに策定し、SBTイニシアチブの再認定を取得したと発表した。

2030年までに55%削減を実現する 大東建託の新たな取り組みとは?

2019年10月のSBT新基準「1.5度目標」発表を受け、同社は新しい目標水準に対応するため、2030年までに当社グループの事業活動で消費するエネルギー由来のCO2排出量(スコープ1・2)を「2017年度比で55%削減(前回は16%)する」という、より高いレベルの削減目標を設定した。

同社は今後、再生可能エネルギーを積極的に活用すると同時に、原材料調達から生産工程、物流、サプライチェーンを含む自社の事業活動における温室効果ガス排出量の把握と削減に向けた取り組みを継続し、脱炭素社会の実現を目指す。

具体的な取り組みは次の通りだ。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.