> > 全国初、自治体庁舎でZEB化の改修工事が開始

全国初、自治体庁舎でZEB化の改修工事が開始

国際航業(東京都千代田区)は5月1日、日比谷総合設備(東京都港区)と協同で、兵庫県赤穂郡上郡町と、庁舎のZEB化に向けた改修工事に着手すると発表した。同社によると、民間企業による自治体庁舎のZEB化事業は初めて。

今回のZEB化工事では、省エネルギー設備更新と建物の断熱性能の向上により、地球温暖化対策と施設の長寿命化対策が行われる。

両社は、2019年11月に同工事の優先交渉権者に特定され、設計業務および設計フェーズにおけるコミッショニング業務を推進してきた。今後はこの取り組みを先進的なモデル事業として位置づけ、全国でZEB化の普及に取り組んでいく構えだ。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 34 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.