> > タケエイ、林業会社を設立 「木質バイオマス発電」の燃料を安定調達へ

タケエイ、林業会社を設立 「木質バイオマス発電」の燃料を安定調達へ

画像はイメージです

廃棄物処理事業者のタケエイ(東京都港区)は5月1日、木質バイオマス発電事業において、中長期的に安定した発電用燃料材を調達するため、100%出資の子会社「タケエイ林業」を同日付けで設立したと発表した。

木質バイオマス発電事業は、タケエイグループの中核事業である建設系廃棄物処理・リサイクル事業に次ぐ収益の柱となりつつある。木質バイオマス発電を行うには、発電用燃料材の調達が極めて重要であることから、タケエイ林業では、自ら林業者として森林の保有管理を行い、各地域の森林組合等とも連携を図りながら、燃料材の上流から木質チップの供給までを一貫して可能とする仕組みを構築する。

また、保有した森林の管理運営に際しては、資源の有効活用と環境保全に留意するとともに、地元の素材生産者と協業しながら各地の雇用拡大につなげていく。

タケエイ林業の設立により、中長期的には、木質バイオマス発電事業における川上戦略の具体化を展開することで、連結業績の向上に貢献していくものと考えている。

川上戦略の具体化で連結業績の向上に貢献

024982-3

クリックで拡大します
タケエイ林業の事業展開イメージ

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 68 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.