> > 日本が主導、「定置用大型蓄電システム」の安全性に関する初の国際規格が発行

日本が主導、「定置用大型蓄電システム」の安全性に関する初の国際規格が発行

大型蓄電システム(NLAB(NITE 大阪事業所))
(出所:NITE)

経済産業省と製品評価技術基盤機構(NITE/東京都渋谷区)は5月7日、日本が提案した「蓄電池を使用した定置用大型蓄電システムの安全性」に関する初の国際規格(IEC 62933-5-2)が4月16日、国際電気標準会議(IEC)から発行されたと発表した。

この規格は、電気化学的技術を用いた蓄電池(化学蓄電池)からなる、電力システムに接続される大型蓄電池システムのシステムとしての安全要求事項について規定しており、設計から運用期間終了時の管理まで、全ライフサイクルに適用できる。

この安全規格の活用により、国内外で安全性を評価する環境が整備され、将来の再生可能エネルギー利用の一層の拡大が期待される。また、国内で製造され、試験・評価された製品が、海外市場で受け入れられやすくなる効果も期待される。

具体的には、国内の認証機関が、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 72 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.