> > 廃棄物エネルギーを自家消費、余剰電力はフォークリフトにも 青木環境事業

廃棄物エネルギーを自家消費、余剰電力はフォークリフトにも 青木環境事業

廃棄物発電施設全景(出所:青木環境事業資料)

廃棄物処理行を手掛ける青木環境事業(新潟県新潟市)は5月21日、産業廃棄物発電施設の本格稼働を発表した。新潟県初となるもので、20日から稼働してる。この発電施設は企業などから排出されるごみを焼却し、その熱を電気に変換。 構内電力として活用する。さらに余剰電力で水素を製造し、2018年に完成した併設の燃料電池フォークリフト専用水素ステーションを介し、構内用燃料電池フォークリフトの燃料にも利用する。

Power to gasでCO2削減へ

この施設の

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 69 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.