ホンダ、燃料電池車の個人向けリース開始 水素ステーションのある都道府県で

  • 印刷
  • 共有
CLARITY FUEL CELL(出所:本田技研)
CLARITY FUEL CELL(出所:本田技研)

本田技研工業(ホンダ/東京都港区)は6月11日、燃料電池自動車(FCV)「CLARITY FUEL CELL(クラリティ フューエル セル)」の個人向けリースの取り扱いを同日より開始すると発表した。

顧客の日常の使い方や走行性能などの各データの検証や、水素ステーションの拡充状況と顧客の使い勝手を踏まえた販売検討を進め、個人向けの取り扱いを開始することとした。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報