> > 三菱商事とNTT、再エネ事業への共同出資・蓄電池活用エネマネ事業など検討

三菱商事とNTT、再エネ事業への共同出資・蓄電池活用エネマネ事業など検討

エネルギー分野での協業検討の枠組み(出所:三菱商事)

三菱商事(東京都千代田区)とNTTアノードエナジー(同)は6月30日、エネルギー分野における協業に向けた具体的な検討を開始すると発表した。国内外再生可能エネルギー発電事業への共同出資参画と、同事業からのNTTグループ会社への電力供給の可能性を検討する。また、電気自動車(EV)や蓄電池を組合せたエネルギーマネジメント事業の検討を行う。

このエネルギーマネジメント事業では、EVと蓄電池を含むマイクログリッドプラットフォーム(MGP)の構築と、MGPを起点とした新たな分散型電力事業の検討を行う。MGPとは、ICTを活用し地域内の蓄電池・EV・充電器などを有機的に連携させ最適なエネルギーソリューション等を顧客に提供するための事業基盤をいう。このほか、両社がもつ事業ネットワークを利活用した新たなエネルギーソリューション事業の検討を行う。

両社は、この取り組みを通じて、三菱商事グループの電力事業に関する知見やノウハウとNTTグループの有するICT技術・直流給電技術を融合させ、環境負荷の低いクリーンなエネルギーの提供や、レジリエンスを高めるエネルギーマネジメントサービスの提供を目指す。

今回両社は、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 70 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.