> > BASF、全製品のカーボンフットプリントを提供へ 顧客の測定・削減を支援

BASF、全製品のカーボンフットプリントを提供へ 顧客の測定・削減を支援

(出所:BASF)

ドイツの化学メーカーBASFは、約45,000の製品で構成される全製品の二酸化炭素排出量(カーボンフットプリント)を算出し、顧客に提供する取り組みを始める。同社によると化学メーカーとして初の試み。今後数カ月以内に、一部の製品と顧客セグメントでの算出を開始し、2021年末までに全ポートフォリオのカーボンフットプリントデータを利用できるようにする。

同社のフェアブント(統合生産)のデータと新たなデジタルアプリケーションにより、顧客の活動や最終製品に関するカーボンフットプリントのより正確な測定と削減を支援する。なお、すでに、再生可能原料またはリサイクル原料由来のカーボンフットプリントの低い製品を、マスバランス方式に基づいて顧客に提供する取り組みを進めているという。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 49 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.