> > 三越伊勢丹、リユース容器での総菜販売を検証 Loopのプロジェクトに参画

三越伊勢丹、リユース容器での総菜販売を検証 Loopのプロジェクトに参画

画像はイメージ(出所:三越伊勢丹)

三越伊勢丹(東京都新宿区)は2月8日、 Loop Japan(神奈川県横浜市)が進める「Takeout Bento Project」に参画すると発表した。2月15日から同月28日まで、日本橋三越本店 本館地下1階食品フロアの一部ショップにおいて、リユース容器を使った惣菜の販売を実施。空き容器を回収・洗浄したのち再利用するという仕組みにより、使い捨てプラスチック削減を削減する試み。

同プロジェクトは、都内の丸の内・六本木エリアの特定オフィスの社員向けに、リユース可能な容器での弁当販売を実施しているが、小売店の一般消費者向け販売は今回が初。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 61 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.