> > 卒FIT公営風力発電の再エネ、新電力向け「リスクヘッジ商品」で付加価値

卒FIT公営風力発電の再エネ、新電力向け「リスクヘッジ商品」で付加価値

(出所:まち未来製作所)

まち未来製作所(神奈川県横浜市)は2月16日、同社が運営する再エネアグリゲーションサービス「グッドアラウンド」に、新メニュー「プロテクトプラン」を追加したと発表した。卒FITを迎えた公営風力発電所の非FIT再エネを同社がアグリゲーション、新電力に固定価格で卸販売することで、市場変動に対応できる「リスクヘッジ商品」としたという。

まずは、2020年FIT満了を迎えた高知県梼原町の町営風力(1,200kW)を運用し、売電価格を現状の約2倍となる14円/kWh(税込)に高付加値化。卸販売を14.3円/kWh(税込)として、2021年3月から受給開始する。梼原町は、増加した売電収入を運転経費や新たな再エネ事業に活用していく方針だという。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 56 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.