JR九州、「50年CO2排出量実質ゼロ」を表明 TCFD提言へ賛同・開示

  • 印刷
  • 共有
 クリックで拡大します
2℃シナリオにおける世界観(2050年)(出所:JR九州)
クリックで拡大します 2℃シナリオにおける世界観(2050年)(出所:JR九州)

JR九州は2月17日、「気候関連財務情報開示タスクフォース」(TCFD)提言への賛同と、TCFDへの賛同企業で組織される「TCFDコンソーシアム」への参加を表明し、気候関連情報を開示した。今後、鉄道事業での省エネ型車両導入や建物の省エネ化などの既存の取り組みを進めるとともに、2050年CO2排出量実質ゼロに向けたロードマップを策定することを明らかにした。

同社は2020年9月、環境省のTCFDに沿った気候リスク・機会のシナリオ分析支援事業に参加。鉄道事業の気候変動の影響について、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)や IEA(国際エネルギー機関)などの専門機関が描く2℃と4℃のシナリオに基づき、分析を実施した。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事